このサイトは老後の生活を考えるサイトです。マレーシアへの移住や老後の生活費や生活資金、田舎暮らし、年金、海外移住、ロングステイ、老人ホームなど、様々な情報を掲載しています。



年金はどうなる?

年金は保全される?

201004150005.jpg

ほとんどすべての方が頼りにしているのが、国民年金、厚生年金などの公的年金です。

しかし、これらは本当に保全され、支払われるのでしょうか?

多くの方がすでにお気づきのとおり、甚だ疑問です。

すでに、年金基金の運用は破綻に近いそうで、税金でまかなうとか、給付額を減らすとか、そんなことを言い出しています。

しかしながら、大多数の何も考えていない国民のご機嫌取りのために、政治家は思い切った決断ができません。

それどころか、子供手当など、ばらまきでさらに財政を圧迫しているのです。

そうこう、しているうちに、年金制度が崩壊する音がすでに聞こえてきているのです。

それに引き換え、(当然良いことですが)平均寿命は増えています。

つまり、毎年の給付額は減ったとしても、トータルで考えた給付額は増えているのです。これでは、ますます、破綻するしかありません。


何人で老人を支えるのか?

1980年ころは、生産年齢7900万人程度に対して、高齢者人口は1000万人程度でした。

つまり、7~8人で1人の年金を支えていたということになります。

ちなみに現在はというと、3~4人で1人の年金を支えなくてはならないのです。

これがあと10年20年となれば、さらに1人の支給額を支える人数が減ってゆきます。

なお、先ほど、年金の『破綻』とかきましたが、基本的には年金は破綻しません。なぜなら、年金の収入部分が減り、給付部分が減るだけの話だからです。

つまり、破綻はしないが、給付額は減るということです。

 

年金について言えること

先ほど、年金は破綻しない、給付額が減るだけだとかかせていただきました。これは、2004年の年金改革で、高齢化の原因である寿命の伸びや、若い世代の減少に応じスライド率を引き下げる、『マクロ経済スライド』というものが導入されて、年金水準がだんだんと、引き下げられることになったからです。

つまり、この制度が導入されたことによって、年金制度自体は破綻しません。しかし、給付率は下がるのです。そう、ほぼ確実に下がるのです。

このような状況下で言えること、予想されることは、下記のとおりです。

① 年金給付額は減少する

② 若年層の年金負担額は増加する

③ 年金給付年齢の引き上げ

④ 増税による年金補填

以上のようなことが考えられます。もちろん、すべてが起こる可能性もありますし、いくつかが組み合わせて起こることも考えられます。

つまり、ない袖は振れないということですから、少しでも袖を振るためには、何らかの収入を作らなくてはならないのです。

いずれにしましても、良いことは一切起こらないわけです。

それなのに、何の対策もしておかないとなれば、確実に老後は真っ暗なものになるでしょう。

 

次のページへ 

消費税増税



Page: 1



TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


RSS2.0