このサイトは老後の生活を考えるサイトです。マレーシアへの移住や老後の生活費や生活資金、田舎暮らし、年金、海外移住、ロングステイ、老人ホームなど、様々な情報を掲載しています。

消費税の割合

上記のデータから考えると、消費税は約10兆円で、税収に占める割合の23%である。

つまり、現在の消費税5%から考えると1%で2兆円となる。

消費税の増税は、10%とも15%とも、経団連の主張では23%とも言われている。それでは、そのようになったときに、税収の割合はどのようになるのだろうか?


消費税が10%の場合

一般会計予算合計  81兆7891億円

税収予算額   51兆275億円
公債等収入額  30兆5141億円

税収予算の内訳
所得税 13.810兆円
消費税 18.978兆円
法人税  9.114兆円
その他  9.373兆円

合計=51.275兆円

これでも、いまだに赤字ですね。

それでは、面倒なので、経団連の言う23%まであげてみましょう。


消費税が23%の場合

一般会計予算合計  81兆7891億円

税収予算額   75兆9514億円
公債等収入額  5兆8377億円

税収予算の内訳
所得税 13.810兆円
消費税 43.6494兆円
法人税  9.114兆円
その他  9.373兆円

これで見るとようやく、まともな数字に見えてきました。

実は、公債の借り換えなどもありますので、これで、破綻していることはないように見えますね。

特別会計についても見てみましょう。


次のページへ 

特別会計とは何なのか?

< どこまで増える消費税?  <<前 | 次>> 特別会計は悪? >

コメントをどうぞ






TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


RSS2.0