このサイトは老後の生活を考えるサイトです。マレーシアへの移住や老後の生活費や生活資金、田舎暮らし、年金、海外移住、ロングステイ、老人ホームなど、様々な情報を掲載しています。



有料老人ホーム、入居までの流れ

入居の際の注意点

入居にはどのような手続きが必要なのでしょうか?

結構面倒な面もありますので、事前にチェックしておくと良いでしょう。いざというときに、あせらずにすみますので。

以下に、一般的な手続きや、必要事項をご紹介しましょう。

 

①身元引受人

一般的に有料老人ホームの入居には身元引受人を要求されます。

身元引受人は、病気など、急な用件が出たときに何らかのサポートをしてくれる方のことです。

 

②保証人

有料老人ホームは当然ながら有料です。賃貸物件に入居するときと、同様に、保証人が求められます。

これらの身元引受人、保証人を用意し、契約書にサインすると共に、入居一時金の支払いを行います。

こういった保証人も必要になりますが、通常は親族が引き受けてくれます。親族がいない場合や頼める方がいない場合は、有料で身元引受人、保証人を引き受けてくれるサービスもありますので、そういったところを利用すると良いでしょう。


次のページへ 

高齢者専用賃貸住宅



Page: 1



TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


RSS2.0