このサイトは老後の生活を考えるサイトです。マレーシアへの移住や老後の生活費や生活資金、田舎暮らし、年金、海外移住、ロングステイ、老人ホームなど、様々な情報を掲載しています。



マレーシア、ペナンへの海外移住・生活費

マレーシア移住情報

さて、現在人気急上昇中の老後の海外移住先として人気なのがマレーシアのペナン島です。

マレーシアであれば長期滞在用のビザがとりやすいという理由でマレーシアが人気ですが、場所を誤ってしまうと結構大変なことも多いです。



私のマレーシア人の友人ですら、クアラルンプール(首都)と、ジョホールバル(シンガポールとの国境の町)は危ないということを言っていました。



現地人でも危ないというのですから、日本人からすれば非常に危険だということが言えるでしょう。

それにもかかわらず、これらの地域を危険性を伝えずに紹介する、メディアがあることを非常に残念に思います。



そこで、お勧めなのがペナン島です。



現在ペナン島への移住者は増えているということです。コンドミニアムといわれる高級マンションが8万円程度で借りられます。

コンドミニアムにはプールやジムなどがついており、日本での生活がうそのようでもあります。



マレーシアのリタイアメントビザについてはこちら



長期ステイ可能なビザも取りやすいので、非常にお勧めですよ。

そもそも、ペナン島はマレーシアが観光地として開発したところで、リゾートのある場所でもあります。さらに、経済も発展しており、クアラルンプール、ジョホールバルと並ぶ商業地でもあるのです。

近代的なショッピングセンターなどもあります。

 

経済的に発展していながら、KL、JBとは異なり観光リゾートとして開発されているため、非常に治安が良い場所となっています。



ペナン島は北部のリゾート地の他に、ジョージタウンが有名で、世界遺産にも登録されています。

また、非常に自然が豊かな場所としても有名です。



ペナン島の情報


こちらに、ペナン島のサイトをご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。


ペナン島の生活費

さて、ペナンで暮らすとして、実際どのくらいの生活費がかかるのでしょうか?

この辺りもしっかりと知っておかなくては、移住してからバカを見てしまいます。メディアの情報に乗せられて、20万円で優雅な生活ができると思い(もちろんできますが)日本の生活スタイルをそのまま持ち込んで、文句を言っているような人を見たことがありますが、そもそも、そういった人は日本から出てはいけません。

郷に入っては郷に従う部分を多くしなければ、幸せな優雅な生活などできるわけもありません。

 

輸入の日本食材を使ってばかりいては、コストが高くなってしまうのは当たり前のことで、こんなものは誰にでもわかることです。


ある程度、現地のスタイルに適応させることが、海外移住成功のコツというものです。

 

ペナンのコンドミニアムの相場


ペナンのコンドミニアム(マンション)の相場は、大体50,000円~10万円程度で、この範囲の物件であれば十分に素晴らしいものが借りられます。



ガードという守衛が常駐し、3LDK、プール、ジムなどがついている物件が多いです。

しかし、日本と同じ物件のクオリティを求めてはいけません。施工は案外雑ですw

 

食費の相場


現地の人といってもペナンには大金持ちもいれば、普通の人もいます。普通の人の生活に合わせれば、夫婦二人で500円もあれば食事ができるでしょう。ホーカーなどの屋台を使えばもっともっと安く済みます。

もちろん現地の食材をうまく組み合わせることで、食費はかなり安く抑えることができます

これをやはり日本からの輸入品に頼ってばかりいては当然ながら、値段は高くなりますので、こんな感じであれば、海外移住など考えないほうが良いでしょう。

 

海外移住の心得



とはいえ日本食は外せませんので、やはり、うまく組み合わせることが重要です。

物価の例

ほうれん草  1束 15円
ねぎ     1本 12円
大根     1本 40円
ニンジン   1本 15円


魚介類はペナンは島なので、かなり豊富。ただし、やはり日本と同じものは求めないこと。
など

一般的生活費調査 平均値 家族二人


家賃:60,000円
食費:45,000円
光熱費:3,500円
通信費:10,000円
交通費:5,000円
交際費:20,000円
保険代:4,000円
その他:25,000円
合計:172,500円


こちらは、6組の方に伺ったおおよその平均値です。毎日ゴルフなどということを考えているのでしたら、金額は上がってきます。

なお、ゴルフは1000リンギ程度で遊べます。さらに、マレー半島に渡ればさらに安いゴルフ場もあります。

ペナン島移住の初期費用 2名

飛行機代:12万円
ビザ取得費用:15万円(エージェント利用
住居保証金等:30万円
自動車運搬費:50万円(日本から非課税で1台持ち込めます
その他:50万円(ゆとり資金含む)
合計 1,570,000円


その他ビザ取得のために、預金として、450万円程度現地に預け入れなければなりません。

※各人のライフスタイルなどにより当然大きく前後します。



なお、日本に住居を残しての移住は私はお勧めしません。

 

海外、マレーシアの医療制度


さて、マレーシアの医療ですが、高度の治療が必要な病院以外でしたら、かなり進歩しているということが言えます。

ですので、風邪を引いたとか、おなかを壊したとかそんな程度でしたら、あまり気にする必要はないでしょう。



手術などの場合もマレーシアで問題ないでしょうが、時間が許せば日本に帰られたほうが良いでしょう。


いずれにしても、それほど医療の技術面で大きな問題はありません



しかし問題となるのは医療費です。海外旅行保険などは高いので、あまりお勧めしません。ゴールドカードなどを持っていれば、その保険を使える可能性も高いでしょう。



また、住民票を抜かないでいれば、国民健康保険の『海外療養制度』を使って日本に帰国した際に補助金を返還してもらえます。

ですので、海外で医療を受けた場合は

・診療内容証明書+領袖内容証明書の二通を必ずもらい、

日本語訳とともに帰国時に市町村に提出しましょう。これで、3か月後に除菌が還付されることになります。


しかし、怖いのが交通事故などでの急な手術などです。このようなときのために、海外の入院手術保険に入っておいたほうが無難かもしれません。月々数千円で加入できるものもあります。


以上、

『海外療養制度』

『海外の入院保険』


などをうまく組み合わせることが重要です。

 

次のページへ

穴場!沖縄で老後生活!

特集記事



Page: 1



TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


RSS2.0