このサイトは老後の生活を考えるサイトです。マレーシアへの移住や老後の生活費や生活資金、田舎暮らし、年金、海外移住、ロングステイ、老人ホームなど、様々な情報を掲載しています。



老後の生活費

老後の生活費はいくら?

201004150033.jpg

さて、老後の移住先などを、しばらく見てきましたが、ついで、老後の生活費は実際いくらぐらい必要なのかを見てゆきましょう。

海外に移住するなり、田舎暮らしをするも、老人ホームで過ごすも、家でのんびりするのも、なにはともあれ、先立つもの、が重要です。そこで、このページでは、老後の生活費として大体いくらぐらい、かかるのかを見てみましょう。

老後の生活費を、夫婦二人で大体いくらかかるのだろう?そんな風に考えている人も多いでしょう。

どこで暮らすのか、どのように暮らすのかによってももちろん大きく変わってきますが、大体、下記のような数字が出ていますので、参考になさってください。

 

総務省 「家計調査」より

高齢者世帯(夫婦)が実際に必要とする生活費

27万円


生命保険文化センター「生活保障に関する調査」より

ゆとりある生活に必要な費用

38万円


これらの調査結果によれば、生活してゆくには、27万円。それに、ゆとりをプラスするには、38万円の費用が毎月必要なのです。

やはり、老後はゆとりのある生活をしたい。

そのように考えるのは普通です。しかし、毎月38万円というと、すこし厳しい。。と感じる方も多いのではないでしょうか。


老後の最低必要な生活費

それでは、最低限必要な生活費はどの程度なのでしょうか?

最低限ですから、娯楽などを極力削った場合の金額です。もちろん、最低限の暮らしでOKという人は少ないでしょうが、参考のために確認しておきましょう。(人事院の一般的老後夫婦に必要な生活費)

201004150034.jpg

食料費
31,370円

住居関連費
55,610円

被服・履物
5,030円

雑費A
保健医療費、交通通信費、教養娯楽費 他
39,700円

雑費B
こづかい、交際費、諸雑費 他
34,560円

合計
166,270円

このような結果になっています。

これは、最低限の金額ですので、温泉旅行に行ったり、ゴルフに行ったり、孫に何かを買ってあげたりするのは少し難しいかもしれません。


老後のゆとり費用

さらに、ゆとりある老後を送るには、生活費のほかに、上乗せの資金がいくら必要かというと、下記のようなデータがあります。

生命保険文化センター「生活保障に関する調査」

日常生活費以外に確保したい金額

10万円未満:::::19.9%
10~15万円未満::37.6%
15~20万円未満::4.0%
20~25万円未満::9.2%
25~30万円未満::1.3%
30万円以上:::::9.8%
その他・わからない::18.2%

平均:::::::::13.7万円

これに、先ほどの日常生活費(166,270円)を合計すると、大体30万円。

つまり、夫婦で少しゆとりのある生活を送りたい人は毎月30万円必要なのです。

それでは、実際に老後の保険はいくらくらいもらえるのかを見てみましょう。

 

次のページへ 

年金はいくらぐらい?

 



Page: 1



TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


RSS2.0